2011年09月09日

【突撃レポート】COMPAS

  猫 暑いです、BLK2011はもっと熱くなっていると思いますがあせあせ(飛び散る汗)

 9月9日 13:00 今回初参加、【COMPAS】さんを訪問車(セダン)

終了まで5時間というお忙しい中、所長の西澤氏にお話をお聞きしましたダッシュ(走り出すさま)

c_sen.jpg

ちなみに、西澤さんは【ORANGE ARK】チームリーダ中嶋氏の大学の先輩です、世間は狭い目

アットホームな所内では、GLOOBEを使用してコラボレーション設計、PhotoSHOPでの素材作成、最終アニメーションつくりと、まとめ作業が行われていました。

c_se.jpg

所員4名、インターシップの学生3名の7名+福井コンピュータさん、
ネットワークを通して、構造設計はソフトウエアセンターさん、気流解析は環境シミュレーションさん、積算は日積サーベイさんと、日頃の設計環境等は違った形での連携を、西澤氏は楽しんでおられます・・・わーい(嬉しい顔)


 COMPASさんが、BIMに取り組まれたのは、今年の年初から、まだ9か月という状況ですひらめきひらめき
以前から3DCADには興味をお持ちでしたが時期早尚ということだったようです。
しかし昨秋よりソフトを検討、GLOOBEについては、当初検討外でしたが、営業の方の熱意と日本のBIMツールということで、将来に期待して購入を決意されました手(チョキ)

その時から、所内では2DCADは実施設計以降しか使用しないexclamation×2という決まりを作り、それぞれが取り組みだされました。
さぞ、大変だったことでしょう・・・所員の方々はたらーっ(汗)
7月のバージョンアップでは、その間出されていた要望も改善されている部分があり、今はとても気に入っておられます。
(さすが日本のソフトですぴかぴか(新しい) )


今回のコンセプトは・・・・・ぴかぴか(新しい)
 ・ 神戸の街の景観
 ・ エネルギーを如何に効果的に使用するか?
 ・ 環境・・・・潤いのある街、街に喜ばれる施設、50年たってもよいなあ〜と見れるような建物
 ・ 頭脳であるデータセンターの保全

神戸の風景は、岸から見ると帆が、海から見ると湾岸の煙突その向こうに街が・・・・・ひらめきひらめき


c_game.jpg

今回は、地形に拘り、防波堤で守り、煙突で排熱を行う・・・・・
素材は、土、石、ガラス、鉄・・・・古びて歴史を築く街つくりを目指されました


西澤氏は、とってもニコニコと楽しんでおられましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
【やり方は少し違っても、やっていることはいつもと一緒、大きさが違うだけ。でも予算がないから色々なアイデアが出せる! 楽しいね〜】
【BIMのお祭りだから、やるからには思いっきり暴れまくる!】とさすが関西人ですどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

もう2時間を切りました。
【楽しかったね】で締めくくってくださいね猫



posted by blk2011 at 16:32| 突撃レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【突撃レポート】BIM LABO

 猫9月9日 11:00 今回初参加、【BIM LABO】さんを訪問。

チーム【BIM LABO】さんは、今年5月、関西でのBIM発信地をめざし、設立されたチームです。
LABOという名の通り、BIMの研究とビジネス化を目指す、集団です。

今回の参加の動機は
 ・ 神戸は自分たちの本拠地、ホームとして出場せねば!
 ・ このBLK2011で色々な体験を楽しんでしたい
 ・ 関西人は、声をかけると乗りが良い、いろいろな人が協力をしてくれた・・・わーい(嬉しい顔)

とのことでした。 幅広いネットワークでBIMの本質を知らかなった人たちを巻き込んでBIMを理解してもらったようです。


まずは意匠設計チームにお邪魔しました。
なんだか、穏やかな感じの室内・・・・、
そうです、モデリング作業は予定通り進み、今はプレゼン資料作成、まとめ、スケジュール通りの進捗だったのです! すごい・・・手(チョキ)
一応、徹夜することもなく、休息はとられているとのこと、さすが、大人の集団です!

b_se.jpg

今回の意匠チームのリータ新氏に話をお伺いしました。

新氏は実務では住宅や店舗がメインということで、このような大規模なプロジェクトは初めてとのこと。
まずは、従来【家相】をだして検討している手法を生かし、敷地より重心ラインをだして、それを小川に見立てて、スタートされた。
その案を、生態アルゴリズム担当に渡し、シミュレーションを重ね、今の建物配置にされたようである。

【家相】・・・ですか! BuildLiveでは初めての言葉です

コンセプトは【風のプロムナード】
建物の中を風が流れる設計・・・・
北は研究施設、南は市民の憩いの広場・・・・(丘の下はアスレチック・・・隣はレストラン、はい、食べて運動するですあせあせ(飛び散る汗)
女性らしい、優しい雰囲気の設計です揺れるハート

b_mo.jpg

大屋根の下にはいろいろな建物が配置されていましたが、その屋根を設計された、構造・解析担当チーム鈴木氏、河野氏に続けてお話をお聞きしました。

b_kozo.jpg

今回のBLKを通して、感じた良い点は?という質問には・・・
 ・ 速さ 
 ・ 設計フローの見直し
 ・ 色々な新しい技術への挑戦が楽しい
ということでした。

BLK2011では、意匠設計と構造設計が同時にスタート
ArchiCADとRevitStructureをIFCで連携させて、互いに確認しながらの作業を進められました。
構造設計が初期から入ることにより、意匠設計が無理かな?と思うような形状を構造からも提案できるという、利点がある、それを今回は行ったということです(大屋根の設計)目耳目

b_ko.jpg

午後からは、出来上がった3Dプリンター模型2種!をもって、現地に行かれ、ARの確認をされます映画
400X400の模型とA0のマーカーです! さすが大きいダッシュ(走り出すさま)

どのような成果を見せていただけるのか、楽しみです。
ラスト2時間半あまり、頑張って、関西にBIMの風をふかせてくださいね。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
posted by blk2011 at 15:35| 突撃レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【突撃レポート】ORENGE ARK

 猫今回のBLK2011は舞台が神戸ということもあり、初めて東京以外での取材を行いました新幹線

9月9日 9:00 大阪・東京と協働作業をされている、【ORANGE ARK】さんへ訪問・・・

ドアを開けると、人人人・・・・・、若手設計者がみんな画面に向かっています!
9時間を切り、室内は人の出入りも多くバタバタ状態

O_a.jpg


o_time.jpg

大阪本店でBIMを推進されている、設計部中嶋氏、生産設計部飯田氏にお話を伺いしました。
今回は、大阪の若手社員の教育を兼ねて、BIMの【I:情報】の大切さを勉強する 
ために、BLK2011に参加されたとのこと。
また、前回最優秀賞を受賞された【SAFARI TOUR】の一部メンバーと、大阪との協働作業を起爆剤として、全社に拡げたいという思いの下の参加とのこと。

さて、メンバーはリーダ2名の下、意匠設計13名(内、メインアーキテクト2名)、構造3名、設備2名、生産設計7名(チーフ1名)、東京7名での構成です。
主は、2,3年目設計者・・・・、新人研修と社内研修を受けただけで実業務は初めてという設計者も多い中、ArchiCADの【TeamWORK】機能を用いて、設計をされていました。

o_sen1.jpg


大阪で、計画〜モデリングと進む中、共通BIMサーバを通して、東京でシミュレーション(流体・施工)やIFC検証、を行っているそうです。

そうそう、カメラの向こうには、東京BIM推進室の方々が待ち構えておりました

o_t.jpg


今回は【I:情報】を【ゾーン】機能を用いて、ボリューム計画、日影検討、気流解析、面積連携、詳細モデルへとつなぎ、【こうあるべき】を示すのが目標とのこと!!
最終報告、楽しみですね。

ただ、20名でのチームワーク設計は今回は初めてとのこと、でも、うまくいっていました!
若手設計者の上達も早く、みなさん、よく使用されています。
今回を通して、実感されたことは、の質問に両氏は
 ・ 情報の大切さを実感した、間違った入力をするとすぐに全体に反映されてしまう。気を付けないといけない
 ・ テンプレート整備の大切さ (途中での修正が多くなると手戻りとなる)
やはり、BIMマネージャーって必須なんでしょうねひらめきひらめき

ただ、力強く【実務につなげれるような勉強をしたい】とおっしゃっていました!

初めて講習テキスト以外で操作されている、3年目社員佐々木氏感想をお聞きすると、【これから実務の設計でも使用していきたい、イメージを伝える手段としては最適です!】とのこと。
是非、この経験を生かして、実務で活用してください


 今回の課題については、やはり規模が大きいとのこと、48時間内では、施工まで考えた時間配分よりも計画を重視した設計が大切とのこと。
データセンター等、設計施工で実績のある会社としての、実務に即した提案をしたいとおっしゃっていました
最後に費用もでるとか・・・・
神戸市さん、ご検討お願いします。

あと、3時間余りとなりました、ラストスパート、頑張ってくださいね猫
posted by blk2011 at 14:47| 突撃レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

【突撃レポート】スカンクワークス

猫9月8日16時、4回連続参加の【スカンクワークス】さんを訪問

開口一番、長年のチームリーダである綱川氏から【今回リーダは別の者です、私は小間使いです・・】目目
前々回、急遽リーダー代役をされた三原氏をリーダとして、設備・構造各リーダ制をとり、BLKに取り組まれているとのこと。
確かに、次世代を育てることも大切ですね手(チョキ)

s_member.jpg

また、23名の意匠設計者の半数以上は初参加、すべて自主的とのこと。実務でBIMを未使用でも社内講習はされているようで、その方々も参加・・・。ほんと、うらやましい環境とマインドですぴかぴか(新しい)

4回目のBLKへの取り組み方針は【今までの変化球から、今回は正面から受け止める】と、基本に戻り、設計段階でのBIM活用をブラッシュアップし、IFCを主としたデータ連携を行う、ということでした。
それは、設計段階でのBIM活用の合理性や効果、いろいろといわれていますが、それを裏付けること。
またIFC連携もよくなってきているので、意匠⇔構造⇔設備と従来は1方向であったものを相互に活用することにより、より効率的な設計を行ってみる、という試みです。
朝、意匠から構造にコンセプトモデルが渡され、構造は柱・梁の解析・デザインを行い、今夜には第一弾が戻ってくる予定とのこと!
その後繰り返し調整が入り、決定・・・・というプロセスです。

 多くの設計者が参加することにより、時間がないからと最初からきめてしまっていたことが、それぞれに意見を出し合うことにより、形とアイデアがパラレルで出てきて、プラッシュアップでき、また意思統一をはかることもできるようになったそうです。
また48時間という時間の使い方も慣れてこられて、見切りがよくなり、次に走れるようになった、これによりスピードは上がっているそうです。
各自がアウトラインあけで自分の仕事に入れる・・、経験はすごいですexclamation×2exclamation×2

s_isyou.jpg


s_tekla.jpg


昨年のBLT2010に学生チームで参加された経験のあるぴかぴか(新しい)、新人瀧田氏に違いを尋ねると・・・
 ・ 物事がきまるまでのスピードが違う
 ・ デザイン、形状だけでなく、意匠・工場・設備との検討、連携がすごい
とのことでした。
でも、戦力として睡眠15分(+休憩中の昼寝?)で立派に設計されていました。

初心に戻ってBIMに取り組まれているスカンクワークスさん、あと、20時間余り、頑張ってくださいね猫猫

s_3dprin.jpg
posted by blk2011 at 23:01| 突撃レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【突撃レポート】PLAN-B

 9月8日14時、連続4回参加、そしてこれが最後exclamation&questionだと表明されている【PLAN-B】さんへ訪問。

今回のメンバーと使用ソフトをみて、ビックリ! 参加チーム最多ですひらめき

まずは、状況をリーダ山際氏に確認・・・・
予定では、10時に全体コンセプト完了、18時一般モデル完了の予定。
しかし、エネルギーシミュレーションをかければかける程、予想と違う結果が出るようで遅れているとのことあせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)
課題の建物ボリュームや施設内のエネルギー(低温廃熱)利用の提案が、以前のBlxとは違うようで負荷が高いとのこと。

※これは他のチームからも声が上がっています、すみませんふらふらふらふら

データセンターからの冷水、風力発電、太陽光設備、ソーラーウォール等も含めた検討がAutodesk開発中ソフト【Vasari】を使用して行われていました(Autodesk_labからダウンロード可能)。
きっとベストなプランが提案されるでしょうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

p_解析.jpg

 今回はツールに拘らず、BIM情報の共有と連携を活用する、をメインテーマとされています。
RevitArchitectureを主軸に、Gloove、VecterWORKSをIFCで連携し、各々の建物を違うソフトで計画されています
。これは一例で、多くの試みをされる予定です。最後どのようなデータ群になるのか楽しみです目

p_asobi.jpg

P_gio.jpg

また、3Dプリンター模型のAR利用を検討。
まだ模型作成途中のため、テストでしたが、マーカーを変えることにより、サイズ変更されていました目目
今回は1/1000の模型を作成中。さて、ARどのような結果となるのか?ちなみにこのソフトは現在試用中、RevitからFBX出力して使用するとのこと。良いものになれば販売もひらめき

p_ar.jpg

今回、集大成という言葉通りのBLK2011への取り組みのPLAN-Bさん、あと20時間余り・・・
最後まで頑張ってくださいね猫猫

posted by blk2011 at 22:32| 突撃レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【突撃レポート】チーム・タスマニア

 猫9月8日11時、スタートして17時間、夜が超えてどこまですすんでおられるか、【チーム・タスマニア】さんを訪問しました。

総本部?入り口には、今年7月に発足された【省エネルギー(タスマニア)推進部】のパンフレットが貼ってありました。
ta_入口.jpg



設備会社としてどのようなプランを考えておられるのか、興味津々でドアを開けると・・・・
打合せの真っ只中。

ta_作業.jpg


今回は、本社を中心に、支社・中央研究所と7か所、40名余りでの分散作業。
一昨年前にも参加されましたが、8割は新しいメンバーでの参加です。
新部署のアピールとともに、若手育成の一環となっているBLK2011です!

今は、基本計画から実施への途中!
シミュレーションによりプランが決まり、全国の有志で設備設計・意匠設計に入られていました。

ta_シュ.jpg

本日午後、明日朝、全体会議を通し、各自がサーバにアップしたデータを総本部で結合されるとのこと!
FaceBookを通して各自の作業状況が確認できるようです、互いに励みになりますよねあせあせ(飛び散る汗)

さて、今回は、熱源とデータセンター計画がメインテーマ。
防災拠点・エネルギー等の供給エリアとしたプラントの計画を含め、さすが設備会社という提案が計画されていました。

サーバセンターのラックの配置計画から、低温廃熱計画・・・・
水冷をプールや温浴施設に利用するという計画・・・・・
海水を使った冷却塔(もちろん塩害処理考えています!) 、あまり詳細はかけませんが全体計画も含め楽しい計画となっていましたひらめきひらめき


これからの目玉検証@目は、出来上がったモデルと3Dレーザ測量を組み合わせ、墨だしの効率化の実証実験!! さてさて、従来工法との比較はどうなのでしょうか???
楽しみです!!

そして、目Aは設備マネジメント(FM)への展開です。 注目をされだしたFM、今回どのような結果をだしてくださるのでしょうか?
時間との闘い、ってことですが、是非、最後までやり遂げてください猫


ta_movie.jpg

posted by blk2011 at 13:41| 突撃レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

【突撃レポート】FKB48

BLK2011、スタートしましたひらめきひらめきひらめき

今回も、IAI日本の広報担当?大塚商会飯田が実務参加チームを突撃取材させていただきます!
BIMを推進する立場としてはほんとワクワクするイベントです黒ハート
今年は、昨年とはまた違ったチーム構成もあり、どのような成果がでるか興味深いものとなっています♪
是非、参加チームの方々の楽しんでいる姿をみてくださいダッシュ(走り出すさま)

※学生チーム諸君は、TwitterやFaceBookで各自、実況おねがいしますふらふら


さて、今回は18時スタート時、どのようにスタートされるかを知りたく取材申し込みをしました。
ダメかな・・・っておもっていましたが、最後に参加表明をされたチーム【FKB48】が【いいよ~】と名乗りを上げてくださいました手(パー)

18時半、会議室では、どのようにすすめるかの打ち合わせの最中・・・
今回は、意匠10名(うち新人3名)、環境4名、CG1名での参加です。

IMGP4617.JPG



まずは、最初に2名ずつに分かれて建物検討、それを合わせて、全体プラン案を数案作成、ここまで予定では3時間!
22時には、それらの案を環境の方に引き継ぎ、第一回シミュレーション。
朝には計算も終わっているので、その結果をもって再度検討し、プラン決定。
このプロセスを今回は外部・内部環境ともに繰り返し、設計に反映することにより、より良い建物を計画するとのことです!
これこそ、BIMのプロセスひらめきひらめき

実務で提案し、震災以降施主からも要望が出てきた、【ZEB(ゼロエネルギービル】を目指しますと、チームリーダーの設計部長増山氏はおっしゃっていました。

技術センターからも環境研究部長、矢島氏が参加されていて、プランニングからアドバイスをされていました。
環境解析、今回はFlowDesignerとECOTECTを使用するとのこと。
実務でも連携をとって作業をされ、【設計初期から設計者がシミュレーションできる環境を作りたい】とおっしゃっていました。
【仕事は楽しく!】私も同感しちゃいました黒ハート 
まあ、私は仕事は趣味ですが・・・あせあせ(飛び散る汗)

f-2.jpg



増山氏からは、昨年と比較して【BIMの質は上がって、量も増えた】とのこと。
施主からの要望、コンペで活用も増え、ARCHICADの使用者も増え、スキルもあがった。
シミュレーション等でのデータ連携もよくなったと、うれしい成長話。

私が一番感じた成長は・・・・・
昨年は、ARCHICADとJW-CADで検討されていましたが、今年はARCHICADだけでのプランニングの様子目目
なんだか、うれしくなってしまいましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

f-画面.jpg


しかし・・・・大きなハンディががく〜(落胆した顔)
設計・環境含め、メインとなる中堅の方が、この3日間なんと日中、中堅社員研修で作業できずたらーっ(汗)
今も、19時過ぎ、3名の方が研修終わり参加されました、これは大きなハンディ!
夜はBLK、日中は研修、さて金曜18時まで持つでしょうか?!


最後に質問しました、
【今回参加された理由は?】   【辞める理由がない】・・・・・
増山氏、とっても素敵なお言葉でしたバーバーバー手(チョキ)

あと45時間・・・、楽しく設計してくださいね猫

posted by blk2011 at 21:35| 突撃レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。